ADHDに事務職は適さないって本当?事務職でも活躍する方法と向いてる仕事をご紹介!

ADHDに事務職は適さないって本当?事務職でも活躍する方法と向いてる仕事をご紹介!

「ADHDの人は事務職には向いていない」という意見もありますが、それは完全に間違いです。

実際、ADHDの人が事務職で活躍している人も多くいます。ただし、注意力散漫や衝動性などの症状によって、職場でのストレスや困難が発生する可能性があります。しかし、適切な対処法や工夫をすることで、そのリスクを軽減することができます。

この記事では、ADHDのある人が事務職で働く際の注意点や工夫、そしてキャリアアップの方法までを解説します。また、事務職に向いている仕事や、適性に合った仕事を見つけるためのアドバイスも紹介しています。ADHDのある人が事務職で働くことに不安を感じている方や、事務職で働くことを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ADHDのある人が事務職に向いているのか

ADHDの特徴

ADHDは、短期的な注意欠陥、衝動性、多動性の3つの症状が特徴的な疾患です。これらの症状は、事務職に向く場合がある一方で、問題となることもあります。

短期的な注意欠陥

ADHDの人は、衝動的に行動してしまうことがあります。一方で、緊急性の高い仕事に対応する際には柔軟性が発揮できる場合もあるため、事務職においてはプラスに働く場合があります。

衝動性

ADHDの人は、衝動的に行動してしまうことがあります。一方で、緊急性の高い仕事に対応する際には柔軟性が発揮できる場合もあるため、事務職においてはプラスに働く場合があります。

多動性

ADHDの人は、座っていることが難しい場合があります。しかし、多動性により、緊張状態にあるときには、体を動かすことで気分を落ち着かせることができることもあります。

事務職に向いている人の条件

業務のルーチンワークに長時間集中できる

事務職は、定型的で繰り返しの多い作業が多く、長時間集中できることが求められます。ADHDの人でも、集中力を持続させるための工夫をすることで対応できる場合があります。

細かい作業にも丁寧に取り組める

事務職では、細かい作業に対応することが求められます。ADHDの人でも、細かい作業に対する注意力を高めることで、丁寧に取り組めるようになる場合があります。

長時間の座り作業に耐えられる

事務職では、長時間の座り作業が求められます。ADHDの人でも、座り作業を行うための工夫をすることで、長時間の座り作業に耐えられるようになる場合があります。

ミスを少なくするための確認作業ができる

事務職では、正確性が求められます。ADHDの人でも、ミスを少なくするために、確認作業を行うことができるようになる場合があります。

ADHDの人が事務職に向くかどうかは、個人の能力や適性によって異なるため、一概に言い切ることはできません。ADHDの人でも、上記の条件に合致する場合は、事務職に向いていると言えます。

ADHDのある人が事務職で働くメリット・デメリット

ADHDのある人が事務職で働くメリット

ADHDのある人が事務職で働くメリットには以下のようなものがあります。

ルーチンワークに向いているため、定型的な仕事が多い事務職に適している

ADHDの人は、定型的な作業に向いています。事務職においては、定型的な業務が多く、同じ作業を繰り返すことが多いため、ADHDの人にとっては向いている職種と言えます。

短期的な注意欠陥と衝動性を活かして、緊急性の高い仕事にも対応できる

ADHDの人は、短期的な注意欠陥や衝動性をもっているため、緊急性の高い仕事にも素早く対応することができます。事務職においても、突発的な対応が必要な場合がありますので、その点でADHDの人は有利と言えます。

ADHDのある人が事務職で働くデメリット

ADHDのある人が事務職で働くデメリットには以下のようなものがあります。

長時間の座り作業が苦手で、健康上のリスクがある

ADHDの人は、長時間の座り作業に耐えられない場合があります。長時間の座り作業により、健康上のリスクがあるため、注意が必要です。

集中力が続かないため、作業効率が低下する場合がある

ADHDの人は、集中力が続かない場合があります。そのため、作業効率が低下し、業務の遅延やミスが発生する可能性があります。ただし、定型的な作業や緊急性の高い仕事に対しては、得意とする場合があるため、個人差があります。

また、座り作業を続けることが苦手であるということは、脳の活性化にも影響を及ぼします。ADHDの人は、身体を動かすことで脳の活性化を促すことができるため、運動不足にならないように注意が必要です。

以上のように、ADHDのある人が事務職で働くメリット・デメリットは、それぞれ個人差があることがわかります。自分に合った職種を見つけ、上手に活躍することが大切です。また、職場の理解や協力も必要となります。

ADHDのある人が事務職で働く際の注意点や工夫

仕事のリスクを軽減するために注意すべきこと

事務職においては、ADHDの症状による細かいミスが生じやすいため、以下のような工夫が必要です。

細かいミスを減らすために確認作業をする

ADHDの人は、注意力の欠如により、細かいミスが生じやすい傾向があります。そのため、細かい作業を行う際には、確認作業を徹底することが大切です。

タスクを分割し、時間管理をする

ADHDの人は、タスクを一度にこなすことが難しい場合があります。そのため、タスクを小分けにし、時間管理を徹底することで、効率よく作業を進めることができます。

ストレスを軽減するために定期的に休憩をとる

ADHDの人は、長時間の集中作業が難しいため、ストレスを感じやすくなります。そのため、定期的に休憩をとり、リフレッシュすることが大切です。

環境の整備

ADHDの人は、環境に敏感に反応しやすいため、以下のような工夫が必要です。

作業スペースを整理整頓する

ADHDの人は、物事を見つけるのが難しい場合があります。そのため、作業スペースを整理整頓し、必要なものをすぐに見つけることができるようにすることが重要です。

騒音や刺激を避けるためにイヤーマフやマスクを利用する

ADHDの人は、騒音や刺激に敏感に反応するため、イヤーマフやマスクを利用して、外部からの刺激を遮断することが有効です。

視覚的に分かりやすい仕組みを導入する

ADHDの人は、視覚的な情報に強く反応します。そのため、タスク管理やスケジュール管理などに、視覚的に分かりやすい仕組みを導入することが効果的です。例えば、カレンダーやスケジュール帳を使って、目に見える形でタスクを管理することができます。また、ホワイトボードやポストイットなどを使って、重要な情報を視覚的に整理することも有効です。

以上のような注意点や工夫をすることで、ADHDのある人でも、事務職で働くことができます。ただし、個人差が大きいため、自分に合った工夫方法を見つけることが重要です。また、必要に応じて、カウンセリングや医師の診察を受けることも大切です。

ADHDのある人が事務職で働く前に知っておくべきこと

事務職の仕事内容と役割

事務職の仕事内容は、企業や団体の事務処理全般を担当することです。具体的には、書類作成・整理、電話・メール対応、来客対応、スケジュール管理、会議・イベントの手配、データ入力・集計などがあります。事務職は、企業・団体のスムーズな運営に欠かせない重要なポジションです。

事務職で必要なスキルや知識

事務職で必要なスキルや知識は以下のようなものがあります。

パソコンスキル(ワード、エクセル、メールなど)

事務職では、パソコンスキルが必須です。ワードやエクセルをはじめ、メールやインターネットを使った情報収集・伝達など、パソコンを使った業務が多くなっています。

コミュニケーション能力

事務職は、上司や同僚とのコミュニケーションが欠かせません。電話やメールでの対応、来客対応、会議の進行など、コミュニケーション能力が求められます。

問題解決力や判断力

事務職では、書類の整理や管理、スケジュールの調整、業務の優先順位付けなど、多くの問題を解決しなければなりません。そのため、問題解決力や判断力が求められます。

タイムマネジメント能力

事務職では、多くの業務を同時進行でこなす必要があります。そのため、タイムマネジメント能力が必要です。効率的に業務をこなすために、優先順位を付けたり、スケジュール帳を使ったりすることが重要です。

事務職での勤務時間や待遇

勤務時間や休憩時間の制度

事務職の勤務時間や休憩時間は、企業や団体によって異なります。一般的には、9時から17時や10時から18時などのフルタイム勤務が多いです。また、残業や休日出勤が必要になることもあります。休憩時間については、1日に2回の計60分程度の休憩が取れることが多いです。

待遇や福利厚生

事務職の待遇や福利厚生は、企業や団体によって異なります。一般的には、社会保険や労災保険、厚生年金保険などの加入が義務付けられています。また、退職金制度や育児休暇、介護休暇などの福利厚生があることもあります。

賃金や昇給制度

事務職の賃金や昇給制度は、企業や団体によって異なります。一般的には、年収250万円から350万円程度が相場とされています。昇給制度については、年次や業績などによって決まることが多いです。

以上のように、事務職については、仕事内容や必要なスキル、勤務時間や待遇などについて事前に調べ、自分に合った職場を選ぶことが大切です。また、就職活動時には、自分の特性や能力を上手にアピールし、自信を持って臨むことが重要です。

ADHDが事務職の職場での人間関係、ストレス管理の方法

ADHDのある人が事務職の職場で上手に人間関係を築き、ストレスを上手にコントロールすることは、仕事の効率性や生産性を高める上で非常に重要です。以下では、ADHDのある人が職場で上手に人間関係を築くために必要なポイントやストレス解消法について解説します。

ADHDのある人が職場で人間関係を良好に保つ方法

コミュニケーションを取ることの重要性

ADHDのある人が職場で上手に人間関係を築くためには、周囲の人とコミュニケーションを取ることが大切です。ADHDのある人は、自分の思考や行動が周囲の人と異なっているため、相手に理解してもらうためにも、積極的にコミュニケーションを取ることが必要です。

相手に理解されるための工夫

ADHDのある人が周囲の人と上手にコミュニケーションを取るためには、相手に理解されるように工夫することも必要です。具体的には、相手の話をしっかり聞く、相手の立場に立って考える、自分の考えを的確に伝える、などが挙げられます。

ミスや問題があった場合の対処法

ADHDのある人は、ミスをしてしまうことが多い傾向にあります。ミスや問題が発生した場合には、素早く対処することが大切です。具体的には、素早く謝罪する、問題の解決策を考える、再発防止策を考える、などが挙げられます。

ADHDのある人がストレスを軽減する方法

運動やリラックス法などのストレス解消法

ストレスを解消するためには、運動やリラックス法が効果的です。ADHDのある人は、繰り返し同じ作業を行うことが苦手であるため、運動を取り入れてリフレッシュすることが大切です。例えば、ジョギングやウォーキング、ヨガ、ストレッチ、筋トレなどの運動は、ストレス解消に効果的です。また、呼吸法や瞑想、アロマテラピーなどのリラックス法も、ストレス解消に役立ちます。

音楽やアロマなどの癒し効果のある方法

音楽やアロマなどの癒し効果がある方法も、ストレス解消に役立ちます。音楽は、心身をリラックスさせることができます。落ち着いた音楽を聴くことで、集中力を高めることができます。また、アロマテラピーは、香りの成分が脳に直接作用し、リラックス効果をもたらします。例えば、ラベンダー、ローズ、ジャスミンなどの香りが、リラックス効果があるとされています。

コミュニケーションの活用

職場でストレスを感じた場合、周囲の人とコミュニケーションを取ることも重要です。職場での人間関係が良好であれば、ストレスを軽減することができます。相手の立場に立って話を聞くことや、自分の意見をきちんと伝えることが、コミュニケーションの基本です。また、上司や同僚に相談することも大切です。ストレスを感じていることを伝えることで、理解してもらえることがあります。

ADHDのある人が事務職で働くための準備や自己啓発の方法

ADHDのある人が事務職で働く前に準備すべきこと

自分自身の強みや弱みを理解する

事務職で働くためには、自分の強みや弱みを理解することが重要です。ADHDのある人は、短期的な注意欠陥や衝動性、多動性といった特徴を持っていますが、その反面、創造性や柔軟性などの強みを持つことが多いです。自分の強みを把握することで、それを活かして仕事をすることができます。一方で、自分の弱みも理解し、その改善策を考えることが必要です。

必要なスキルを身につける

事務職で働くには、パソコンスキルやコミュニケーション能力、問題解決力や判断力、タイムマネジメント能力などが求められます。ADHDのある人は、特にタイムマネジメント能力が弱い傾向がありますので、自己啓発の一環として改善することが重要です。

職場環境に慣れる

新しい職場に入ると、緊張や不安があるかもしれません。ADHDのある人は、新しい環境に馴染むのが苦手な傾向があるため、事前に職場の雰囲気や仕事内容、ルールなどを調べておくことが大切です。

ADHDのある人が自己啓発する方法

ビジネス書やセミナーなどでの学習

ADHDのある人は、学ぶことに興味を持っている傾向があるため、ビジネス書やセミナーなどでの学習がおすすめです。自分自身が抱える問題や課題について、専門家が執筆した書籍や、講師によるセミナーを活用することで、新しい視点や解決策を得ることができます。また、自己啓発に関する書籍やセミナーには、自己啓発のヒントやアイデアが詰まっている場合が多いため、自分自身が抱える問題に対する解決策を見つけることができるかもしれません。

プライベートでの趣味や活動による自己成長

自己啓発は、仕事だけでなくプライベートでも行うことができます。趣味や興味のある分野に積極的に取り組むことで、自分自身を成長させることができます。例えば、音楽に興味がある場合には、楽器演奏の習得や音楽理論の学習を通して、自分自身を成長させることができます。また、旅行やスポーツなどのアクティビティにも、自己啓発の機会があるかもしれません。

カウンセリングや専門家への相談

ADHDのある人が、自己啓発のためにカウンセリングや専門家への相談を行うことも有効です。カウンセリングは、自分自身についての気づきを得たり、ストレス解消法を学んだりすることができます。また、専門家に相談することで、より具体的なアドバイスを得ることができます。自己啓発に取り組む際には、自分自身に合った方法を見つけることが大切です。

ADHDのある人が事務職で働く上でのキャリアアップの方法

事務職でのキャリアアップの方法

事務職でのキャリアアップには、以下のような方法があります。

昇格試験や資格取得のチャンスを利用する

会社によっては、昇格試験や資格取得制度がある場合があります。それらのチャンスを利用し、スキルアップを目指すことができます。

例えば、簿記やビジネス文書作成能力検定などの資格を取得することで、仕事の幅を広げることができます。

他部署への異動や転職

他の部署への異動や、別の会社への転職もキャリアアップにつながる場合があります。事務職で培ったスキルを活かし、より高度な業務に携わることができます。

プロジェクトマネージャーなどの上級職へのキャリアチェンジ

事務職から、プロジェクトマネージャーや管理職などの上級職にキャリアアップすることも可能です。経験を積み、スキルアップを続けることで、より高いポジションに就くことができます。

ADHDのある人がキャリアアップするための方法

自己成長を促すための方法

ADHDのある人がキャリアアップするためには、自己成長を促すことが重要です。例えば、自分自身のスキルや強みを知り、それらを伸ばすためにセミナーや講座に参加することが挙げられます。

また、自己啓発書やビジネス書を読むことで、新しい知識やスキルを身につけることができます。

職場での能力アップのための方法

職場での能力アップには、以下のような方法があります。

メンターからの学び
自分よりも経験豊富な人から、仕事のやり方や考え方などを学びましょう。メンター制度がある企業では、先輩社員や上司にメンターとして指導を受けることができます。


チームメンバーとの協力
チームメンバーと協力して、お互いのスキルアップにつながるような仕事を手掛けましょう。自分が苦手なことを得意とするチームメンバーからアドバイスをもらうことができるかもしれません。


フィードバックを求める
上司や同僚からフィードバックをもらい、自分の仕事を改善していくことも重要です。フィードバックをもらう際には、具体的なアドバイスを求めることが大切です。


研修やセミナーに参加する
職場が提供する研修やセミナーに参加し、新しい知識やスキルを身につけることも大切です。また、自分が苦手な分野や興味がある分野について、自主的に学ぶことも有効です。


オンラインコースや書籍を活用する
自己啓発のために、オンラインコースや書籍を活用することもあります。自分のスキルアップに必要な知識やスキルが学べるオンラインコースや書籍を選び、自分のペースで学ぶことができます。

コミュニケーションスキルの向上

事務職においては、コミュニケーションスキルも重要な要素となります。コミュニケーションスキルを向上するためには、以下のような方法があります。

アイコンタクトの確保
話をする相手の目を見ることで、自分の話に対する相手の反応を読み取ることができます。また、相手とのコミュニケーションをより深めることができます。


聴く力の向上
相手の話に注意を向け、相手の話に共感したり、理解したりすることが大切

まとめ

ADHDのある人が事務職で働く際には、細かいミスを防ぐための確認作業やタスクの分割、ストレスを軽減するための休憩の取り方など、注意点や工夫が必要です。また、自分自身の強みや弱みを理解することや、必要なスキルを身につけること、職場環境に慣れることも重要です。

職場での人間関係を良好に保つためには、コミュニケーションを取ることや相手に理解されるための工夫が必要です。ミスや問題が起こった場合には、素直に謝罪する姿勢が大切です。

ストレスを軽減する方法には、運動やリラックス法、音楽やアロマなどの癒し効果のある方法があります。また、コミュニケーションを活用して、ストレスを解消することもできます。

事務職でのキャリアアップには、昇格試験や資格取得、他部署への異動や転職、プロジェクトマネージャーなどの上級職へのキャリアチェンジなどがあります。自己成長を促すための方法や、職場での能力アップのための方法、コミュニケーションスキルの向上なども重要です。

ADHDのある人が事務職で働く際には、注意点や工夫を意識して、自己啓発にも努めながら、キャリアアップに向けて取り組んでいくことが重要です。

関連記事

発達障害を持つ方のための就職ガイド: 就職を成功させるための秘訣
ADHDの人に向いてる仕事はこれ!仕事の特徴と就職方法もご紹介!